岡部哲也公式Blogです。

HEADがVector Magnumを発表

| コメント(1)

head%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84.jpg


HEADスキーブーツは大人気HEADスキーi.Supershape MagnumにカラーコーディネートできるスキーブーツVector Magnumを発表。

通常販売モデルもVector110のカラー違いアイテムとして、ホワイト×ブラック×グリーンの3色を用いたVectorスキーブーツを提案させていただきます。

長らくHEADスキーのトップセールスを記録している名機i.Supershape Magnumへのカラーコーディネートがしやすく、また、ラスト幅103mmとややワイドに設計され、長時間の使用においても足の疲れが出にくいと評判のVectorラインへ組み込むことにより、より多くのスキーヤーの皆様へHEADスキーブーツとi.Supershape Magunumのすばらしさを届けることができればと思っております。


商品スペックは・・・
展開サイズ:25cm-26cm-27cm-28cm

Last: S 2000cc/103
Shell: PU
Liner: アナトミカル・フレームインソール付きヒートフィット、40mmベルクロストラップ、ヒーティングシステム対応
Buckles: 4マイクロアジャスト・HP合金バックル、2ダブルパワー・バックル、1スーパーマクロ・ラチェット
Features: ダブル・インジェクション・フレーム、フレックススタンス・チューニング、ダブルカンティング、リアサポート・チューニング
Made in Czech Republic

okatetsu情報でした~

コメント(1)

結婚を契機にスキー一家の妻の影響で始めたスキーですが、始めた年にワインの会で妻の知り合いである哲さんにお会いして、感動してスキーにはまっていったのを思い出します。7年目、子供もスキーを始め、親子で滑れる楽しさも加わり、益々、スキーにはまっている今日この頃です。私は、ラグビーをやっていたせいか、足が広く太く、中々合うブーツが無く、初めて買ったのがHead Edge 10.5。ふくらはぎと足の平の割に足首が細く、微妙に踵が浮くために、ブーツをきつく締めて滑っていました。緩、中斜面では良いのですが、急斜面では恐怖からか、いつも言い訳に使っていました。先日たまたま、お茶の水のショップでVectorに出会い、履いてみて、踝、足首のホールド感がぴったりで、こんなにもブーツが軽く感じるもので疲れないものなのか・・・と感動し、購入したいと思いました。若干の不安を持っていましたが、これもたまたま、Webを検索したら哲さんのブログを見つけ、あこがれのスキーヤーのお墨付きをもらったような安心感を持ちました。これで急斜面での言い訳ができなくなりましたが、今年も課題をもって滑ろうと思います。
何か嬉しくてコメントを書いてしまいました。

コメントする

ケータイ専用 mobileTV

ケータイから最新動画をCheck!!

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ネーヴェが2010年7月14日 13:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「★祝★新生カーグラフィック」です。

次のブログ記事は「本日の表参道 7/16(金)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。