株式会社ネーヴェ 代表・岡部哲也


岡部哲也スキースクール岡部哲也プロフィール

このページを印刷する 岡部哲也公式ブログ オカテツチェック
Tetsuya's DATA
身長180センチ
体重80キロ
血液型A型
趣味ゴルフ・テニス

1965年5月15日北海道小樽市に生まれる。
小学校に入り夏はサッカー冬はスキーを行う活発な少年であった。
中学生になりスキー部があるにもかかわらずサッカー部に属し両立を試みていた。

しかし中学2年で全国中学生スキー大会GSLで優勝し、ナショナルチーム入りを果たした事により、スキーだけに絞る決心をした。
3年生になったシーズンには二冠王に輝き、小生にとって初となるワールドカップ出場を果たす。
高校は、スキーの名門として名高い小樽北照高校に進学。
全日本ナショナルチームのメンバーとして遠征に加わり、シーズンのほとんどをヨーロッパで転戦。

世界の壁は厚く日々努力するしかなかったが、世界への足掛かりをつかんだのが1983年の世界ジュニア世界選手権の6位に入賞。


高校卒業後は(株)デサントに入社。
入社したのちオーストリアに留学し、ドイツ語の勉強とトレーニングに明け暮れた。
この頃、世界的な名コーチ、ペーター・プロディンガーと出会い、技術的、精神的に大きな影響を受けることになる。


1985年、フランスのラ・モンジーで行われたワールドカップで初入賞を記録(15位)。
さらに87年の最終戦では、日本人としてはそれまで最高の4位に入賞(二本目ベストタイム)。
こうして、世界のトップ・スラローマーの仲間入りを果たし、翌シーズンからさらに快進撃を開始した。

88年ノルウェーのオップダールで行われたスラロームでは、またしても2本目の最高タイムをマーク。合計では、当時絶好調だったアルベルト・トンバをあとわずかのところまで追い詰め2位入賞の快挙を果たす。

また89/90シーズンには、全9レース中6レースで6位以内に入賞し、スラロームの種目別総合で7位にランクイン。 「もういつ優勝しても不思議はない」というほどの充実ぶりを見せた。

しかし、1991年夏、アデノイドの手術をした2週間後、原因不明の蕁麻疹により、 約3ヶ月間の入院生活を強いられた。

その後コースに復帰したものの、ついに全盛期の滑りの鋭さを取り戻せず、95年3月の富良野大会を最後に引退を決意した。

岡部哲也 岡部哲也 岡部哲也 岡部哲也 岡部哲也 岡部哲也

neve *MENU

  1. 岡部哲也プロフィール
  2. 戦歴 past results
  3. 物語 Stories

neve *Relationships Special Sponsor

neve *SEARCH



sitemap


当サイトに掲載されているフラッシュを用いたページ、PDFファイルををご覧戴くには、アドビシステムズ社のプラグインが必要となります。
下記のウェブサイトよりダウンロードし、インストールしてください。